【SPINDLE(スピンドル)!?】GACKT(ガクト)さんが仮想通貨事業に参入する理由!

 

GACKTさんが本名を公表されましたね。投資通貨のPRのために担ぎ出された?と思ったら、まったく違うようです。GACKTさんが考えている将来への展望を知ることで、現在ニュースを席巻している仮想通貨の未来の姿が見えてきます。驚くべきは、アーティストGACKTさんの考察やその公式コメントです。

頭の中に仮想通貨が持っている未来の姿への考察があり、芸能人としてというよりもむしろ、一事業主として正しく活動したい。みんなに知ってもらいたい。ビジネス・事業を行うために本名を出します、「大城ガクト」というわけなのです。

芸能人で音楽をしてて、アーティストとしてビッグネームだけれど、ちょっと異端な存在で。そういうGACKTさんが仮想通貨事業に本名で乗り出したことには大きなメッセージを送りたいという気持ちがあるようですね。

 

GACKT(ガクト)さんが考える仮想通貨の未来、将来性

GACKT(ガクト)さんが考える仮想通貨の未来、将来性

 

GACKTさんが考える「未来」とは、貨幣の民主化・自由化です。

GACKTさんの考えによると、仕事は義務、投資は生活を豊かにするための手段として例えて話を展開しています。人が汗を流して働く仕事は、無くなってはいけない存在。多くの人を支える大切な存在で、街を支える存在で、強いては国を支えるものだと。しかし生活を豊かにする手段がなくては、日本にはもう発展する方法がない。生活を豊かにするために思い切って投資をして、そしてキッチリと自分のやるべき仕事をする。このような、とてもまっとうな考えを公表して、その言葉通りに実行しようとしています。

日本人の疲弊度を実感している、それなのに日本人は投資という選択肢を考えていない。これは大きく遅れているのではないか。GACKTさんは海外も飛び回り、ビジネスの会合にも多数出席して学び続け、テレビで見るような華やかさとはかけ離れた貪欲な学びを繰り返してきたことが、コメントを通して伝わってきます。仕事を真面目にしていくことは大切な事。でも、その美徳にとらわれていては生きるための方法が少なくなってしまう、疲弊していってしまう。投資を危険なものと考えて、避けて進むのではなく、自分のリテラシーを高める手段と考えよう。

もちろん、投資は自己責任で行うものであり、ガクトさん自身も失敗したことがあるそうですが、プラス面とマイナス面を考える時、圧倒的なプラスの結果が存在するからこそ、GACKTさんは自分のライフプランを実現しているのだといいます。世の中の多くの人が、実行したくても実際は投資に手を出せない理由がたくさんあって、犯罪から消費者を守らなくてはならない。ただし、守ることは大切なことだが、規制するのみで人生や経済の根本的な解決になるのだろうか。投資は、自分の生活や人生、大切な人たちを守る手段であり、その一つである仮想通貨の世界は、投資の最先端を行く全く新しい自由な世界。その世界を避けて生きていく方法は存在しない。まだ経験していない多くの人が、新しい世界を知り活用するための方法や知恵を身につけるためには、最初の小さな一歩が必要だと語っています。

『打席に立たなければボールは打てない』

仮想通貨を通して、より多くの人が投資を体験するべきだ。警鐘のようにコメントしています。最近解散したビッググループのメンバーが世の中のビジネスマンについて不用意にコメントをして大きな批判を受けましたが、そういった他の芸能人とは異なる、確固とした見解を持って自分の意見を公表している点がガクトさんの思考や学びの別格さを感じさせています。学びどころではなく、話を読んでいくほど、研究者のような深さや洞察を感じさせてくれます。本人のブログでも、事業としてキッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという考えがあり、それは事業者・社会人として当たり前のことだという想いがある。そして世の中で苦しんでいるジレンマをかかえた多くの人たちの背中を押したい、という気持ちがあるようです。

自分が名前を出せば、批判する人が必ず出てくる。何年も潜るようにして学び続け、表に出さずに活動してきたのはそういう理由からだったようです。しかしもうそういう批判を恐れない。
話すべき時が来た。あえて自分が前に出ることで、知ってもらいたい考えがある。GACKTという姿を通して知ってもらいたいことがある。苦しみを抱えている多くの人にとって、気づきのきっかけになるのではないか、役立つ機会になるのではないかという強い考えがあるようです。

GACKTさんがコメントしているように、仮想通貨は国境とか国や政治を超える存在としてすでに形成されています。仮想通貨で出来ることは無限にあり、人や国への支援の方法も変わってきます。仮想通貨は投資の中でも小額からチャレンジできる新しい方法であり、これまでお金を持っている少数の人たちがさらに大きなお金を手に入れるような資産増大の手段とは性質が異なっています。投資の方法を学び、新しい通貨制度を学ぶ機会になるのです。キャッシュレス世界が当たり前になり、これから10年後には人が従事する仕事や業態もすっかり入れ替わることが予想されています。新しい世界に入っていくためにも今から身につけることが必須なのです。そういう世界の革新について、何年も前からアーティストとしての活動と並行して地道に学び続けていたGACKTさんが、今回私たちに教えようとしている考察。私たちは彼の姿を通して学ぶべきなのです。

 

GACKTさんは仮想通貨事業参入前より投資の世界では成功

お正月にはよくGACKTさんのニュースを見るのではないでしょうか?それは人気番組の「芸能人格付けチェック」でいつも、ワイン、食べ物、芸術の面で、本物を常に見分け一流芸能人であることを証明しているからです。確かに毎年のように、多くの芸能人が本物を見分けられない中で、GACKTさんだけが本物を見分けられる姿に多くのファンが驚きをもって見つめています。しかし今年の正月は更なる驚きがありました。それはGACKTさんが自身のブログで12/26日に本名を公開して、自分の投資ビジネスを紹介したことです。その投資ビジネスとは「SPINDLE」と言う仮想通貨の事です。

GACKTさんというと筋肉ムキムキの歌手の一流芸能人と言うイメージがあると思いますが、投資の世界ではよく知られている芸能人です。今までは本名を明かして投資活動を行ってきていませんでしたが、20歳から22歳の間に経済困難を経験し、30歳から投資ビジネスを始めたそうです。その頃はCDの売り上げが落ち込みインターネットによって音楽を聴く時代への移り変わりでしたから、たしかにGACKTさんが投資を始めたのは先見の目があったと言えるでしょう。

そしてその投資ビジネスは成功し、経済的にも大きな成功を見せているGACKTさんが行う新たな仮想通貨ビジネスなら多くの方が注目されるのではないでしょうか?しかも今回はGACKTと言う名前でなく大城ガクトと言う本名を明かしてこのビジネスに取り組んでいます。本名を出すと言う事は、このビジネスが成功した時には非常にもてはやされますが、失敗した時にも大きく批判されます。そのようなリスクを見越してでも、この仮想通貨事業に取り組もうとしていると言うのは、今回のビジネスへの本気を感じ取ることが出来るのではないでしょうか?

 

大城ガクトさんが始めようとしている仮想通貨事業の内容

大城ガクトさんが始めようとしている仮想通貨事業の内容

 

では大城ガクトさんが始めようとしている仮想通貨事業とはどのようなものでしょうか?

きっと皆さんも仮想通貨についてはニュースなどで見聞きしているのではないでしょうか?もしくは少し仮想通貨を購入したと言う方もおられるでしょう。特に仮想通貨の中でも基軸通貨と言われるビットコインと言う名前は聞かれたことがあるでしょう。このビットコインは通常通貨のアメリカドルのように、仮想通貨の中で基本となる通貨です。2017年は仮想通貨界にとって飛躍となる年でした。仮想通貨の基軸通貨であるビットコインは約16倍の成長を見せ、あるコインの中にはリップルなど100倍以上の成長を見せるものもありました。これは、仮想通貨が一般の人にも浸透してきて仮想通貨で投資を行おうと考えだした人が増えてきたことが要因でしょう。しかし、まだ多くの方にとって仮想通貨と言うのはあまり身近なものでなく、敬遠することもあるでしょう。しかし今回のように一流芸能人のGACKTさんが仮想通貨事業を始めるとなると、さらに多くの人が注目していくことでしょう。

大城ガクトさんが始めるのはSPINDLEと言う仮想通貨です。仮想通貨にはアルトコインと言う世界でたくさんある仮想通貨があります。このSPINDLEもあるとコインの一つになります。それですから大城ガクトさんが行うのは仮想通貨の売買の取引所ではなく、新しい仮想通貨を発行すると言うビジネスです。

あのGACKTさんが自分で仮想通貨を発行すると言うのは非常に夢のある話だと思われませんか?ガクトさんは今回の新規仮想通貨事業の参入の発表によって、よりいっそう多くの人が投資を体験してほしい、そしてそれが日本の中の経済格差を埋める方法になるはずであるという見解を示しています。つまり一部の人がお金持ちになる世界ではなく、みんながお金持ちになってハッピーになってほしいと言う事です。そのために本名まで明かして、仮想通貨の素晴らしさを教えてくれることに感謝したいものです。

この仮想通貨の素晴らしさは、いずれ本物貨幣にとって代わることもあると期待されている事にあります。つまり経済界にとっての本物の民主化で、今この時に投資をすることによって、非常に大きな投資を進めることが出来るのです。

 

 

SPINDLEという仮想通貨について

SPINDLEという仮想通貨について

 

ではここで大城ガクトさんが発行するSPINDLEと言う仮想通貨についてご説明します。

SPINDLEは、ブロックチェーンとスマートコントラクト技術をしようした非常にセキュリティの高い、そして、だれから見てもわかりやすく、不透明性のない仮想通貨です。SPINDLEは皆さんが取引したいと考えるアルトコインになりたいという高い志を持っており、ただ単にこのコインを買って、高いときに売り抜けてもうけを得ると言う事だけでなく、投資によってより一層豊かな心を持つことが出来るように、その投資環境を備えるのも目標の一つとされています。

ではSPINDLEはすぐに購入することが出来るのでしょうか!?実はまだできません。と言うのも、この仮想通貨のための資金集めがICOによって行われており、その後一般に販売されることになっているからです。このニュースを聞いた私達はいつでもGACKTさんの発信する情報に注意を払って、一般販売されたその時にGACKTさんと一緒にこの仮想通貨ビジネスを始めることが出来るのです。その時を楽しみにしておきましょう。

将来的には、有望なスタートアップ企業の資金調達やクラウドファンディングのような投資対象もラインナップされていき、仮想通貨ユーザーが、世界に点在する仮想通貨ヘッジファンドを自由に選択・投資が実行できるようになり、投資=収益といった旧来の価値だけでは無い投資を通じて人生の豊かさや、心の豊かさを感じることができる環境づくりをサポートしていきたいと考えています。

 

SPINDLE(スピンドル)について

SPINDLE(スピンドル)について

 

株式会社BLACKSTAR&CO.が運営している仮想通貨になります。この企業の代表は、ファンドマネジャーとしての実勢の持ち主でもある、Bullion Japan株式会社のCEOの平井氏になります。企業コンセプトに「人と投資の未来をデザインするエンジニアリング・カンパニー」を掲げ、これまでの通貨に対する概念を改革する動きの元に立ち上げられたものになります。

 

プロジェクトについて

プロジェクトについて

 

資産を増やすためだけの目的となってしまっている投資・運用に対する考え方を、日々の豊かな生活や心のゆとりさ、そして自律した人生を歩めるようにと、そんな想いをもってスタートとしました。そしてSPINDLE(スピンドル)を通じて、これまで主体的に投資に関わる事ができなかった多くの方にもメインプレイヤーとしての投資・運用に携わる事が可能な機会を設けてくれます。そしてこのプロジェクトの醍醐味では、これまでの中央集権的権威による搾取の社会構造からの解放を、透明性と公平性を維持した新しい社会構造への変革、フェアなシステムの構築により、個人の方への投資・運用を楽しんでもらう事で、ゆとりのある生活の実現へと導く、そんな想いが込められています。

 

SPINDLE(スピンドル)の概要について

SPINDLE(スピンドル)の概要について

 

ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた、投資・運用に特化したプラットフォームになります。近年、ブロックチェーンの価値を劇的に高める事ができるとして注目を集めているスマートコントラクトです。ブロックチェーンやIoTといった組み合わせによって、仮想通貨界に劇的に飛躍をもたらしてくれると期待されているする仕組みです。SPINDLE(スピンドル)では、これまでの様に証券会社等を介す必要がありませんので、投資家を運用者を対等な関係を築く事が可能になった事や、投資対象の運用者情報や運用成績などもブロックチェーンによって改竄が不可能となり、これまでの投資・運用に対して遥かに透明性の高い投資を行うことができます。

SPINDLE(スピンドル)の特徴について

SPINDLE(スピンドル)の特徴について

 

マレーシアにおいて大規模事業との連携があるのが特徴です。東南アジアは仮想通貨が活発な地域でもありますので、その点に着目しているという事も、堅牢な体制を築けているのではないでしょうか。また、GACKT氏自身も、日本をはじめこの地域でも大人気を集めている点においても、自ら参画している事業とだけあってか、その広告塔としても需要な役割を担っている事も過言ではありません。そして12月に発表されたホワイトペーパーにおきましては、ICOによる資金調達のみならず、様々なスケールポイントやロードマップが公表されている事もあり、その価値は少しずつ上昇していくものと思われます。

 

SPINDLEのロードマップについて

SPINDLEのロードマップについて

 

通貨名はSPINDLE(スピンドル)で通貨記号はSPDです。予定トークン総発行総量は100億SPDの予定となっています。そして2017年10月にプライベートセールを開始し、12月にホワイトペーパーをWeb上に公開、2018年1月にプライベートセール終了して、同年4月ごろには全世界へ向けたクラウドセール開始します。5月以降は購入者へトークン付与を開始し、6月以降に仮想通貨取引所へ上場する方向となっています。また、投資対象は、仮想通貨ヘッジファンドやICOトークンをはじめとし、ICOファンドや不動産等を対象としたトークンへの投資が可能になる予定となっています。

 

SPINDLEの購入方法について

SPINDLEの購入方法について

 

これだけ注目を集めるSPINDLE(スピンドル)ですので、一早く購入したいと思いう方は多いと思います。通常は、仮想通貨は取引所で販売されるのですが、SPINDLE(スピンドル)に関してはプライベートプレセールという事もあり、具体的な購入に関しては不明です。ですのでクラウドセールまで待って購入する流れになります。ただし実際に購入した方の意見では、ビットコインかイーサリアムで購入する事が可能との事です。購入するためには取引所を開設しておく必要があります、取引所の口座開設は無料となっていますので、開設されていない方は今の内に用意しておく事をおすすめします。

SPINDLE(スピンドル)に関する情報は、公式サイトで確認する事が一番の得策です。GACKT氏に自ら手掛ける仮想通貨とあって、オフィシャルサイトはスタイリッシュなデザインとなっています。こちらでは、ICOトークン発売日や資金調達状況、上場に関する情報や世界へ向けたリリースなど、総合情報を確認する事ができますので、こまめにチェックしてみる事が重要です。また、自身のオフィシャルブログでも近況が紹介される事もありますので、そちらも併せてチェックしておく事をおすすめします。