コインチェックの特徴を初心者にもわかりやすく徹底解説!

 

コインチェックは、仮想通貨を売買できる取引所の中の一つで、大変人気があります。

コインチェックには、日本で一番多くの種類の仮想通貨を買えるという特徴があり、それが一番の人気の理由となっています。

コインチェックで口座を開設しておくと、ビットコインや、様々な種類の仮想通貨を簡単に買えますし、使いやすいアプリのおかげで、スマホでも快適に取引ができるなど、非常に利便性が高く、快適な仮想通貨投資を行うことができます。

「日本一簡単にビットコインが買える取引所」がコインチェックのキャッチフレーズとなっており、仮想通貨投資が初めてという人でも、安心してコインを買うことができますよ。

初心者でもわかりやすいように解説していますのでご覧ください。

 

 

コインチェックの特徴

 コインチェックの特徴を初心者にもわかりやすく徹底解説!

 

コインチェックの設立は2012年で、もともとはレジュプレスという会社でしたが、2017年に「コインチェック」に社名を変更しています。資本金は9,200万円です。

業界最大手のビットフライヤーの資本金は約42億円ですので、それに比べると少ないですが、どんどん利用者が増えており、ついにビットフライヤーを抜いて、ビットコイン取扱量では日本一となっています

コインチェックのメリット

コインチェックのメリット

 

コインチェックを利用するメリットは以下のようになっています。

  • コインチェックはアルトコインの種類が豊富で、色々なコインを買うことができる
  • 分散投資ができる
  • 無料で提供されているアプリが非常に使いやすい
  • セキュリティが高い
  • 盗難補償サービスがある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

コインチェックでは取り扱っているアルトコインが豊富

コインチェックでは取り扱っているアルトコインが豊富

 

コインチェックは、ビットコインはもちろんのこと、アルトコインと呼ばれるその他の仮想通貨も豊富に取り扱っていて、日本で一番アルトコインの種類が多い取引所です。

仮想通貨ではビットコインが一番有名ですが、それ以外にも将来性がある、多くのコインがあります。コインチェックは、そのようなアルトコインをいち早く見つけ、取り扱いを開始することで有名です。

今までも、コインチェックで新しく買えるようになった仮想通貨は、皆の買いが集まり、高騰していますので、仮想通貨に投資している人は「コインチェックが次に取り扱いを開始する銘柄は何か」ということに非常に注目している程です。

世界には、約1,000種類以上の多くのアルトコインが売買されていますが、それらを買いたい場合は、ビットコイン建てで買う必要があります。

つまり、まず、ビットコインを日本の取引所で購入し、それを海外の取引所に送り、そのビットコインを使ってアルトコインを買うといった流れになるのです。

しかし、ビットコインを海外の取引所に送るのは手間がかかりますし、仮想通貨投資が初めての人にとっては、不安もあり、ハードルが高い作業です。

しかし、コインチェックでは、多くのアルトコインを取り扱っており、仮想通貨の時価総額10位以内のコインは、ほとんど日本円で購入することができます。

仮想通貨は、様々な種類がありますが、アルトコインの中でも、時価総額上位で流動性の高い銘柄に投資するのが比較的リスクが低く、おすすめとされています。コインチェックを使えば、時価総額10位以内のほぼすべての銘柄に投資することができるので、投資のチャンスが広がります。これが、コインチェックを利用する最大の魅力であると言って良いでしょう。

 

コインチェックで購入できる仮想通貨の種類

コインチェックでは、ビットコインを含め、合計13種類の仮想通貨を日本円で簡単に買うことができます。購入できるコインは以下のようになっています。

  • ビットコイン(Bitcoin・BTC)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash・BCH)
  • イーサリアム(Ethereum・ETH)
  • イーサリアムクラシック(Ethereum Classic・ETC)
  • リップル(Ripple・XRP)
  • ライトコイン(Litecoin・LTC)
  • リスク(Lisk・LSK)
  • ダッシュ(DASH・DASH)
  • ファクトム(Factom・FCT)
  • モネロ(Monero・XMR)
  • オーガー(Augur・REP)
  • ジーキャッシュ(Zcash・ZEC)
  • ネム(NEM・XEM)

仮想通貨の時価総額10位以内のものは、ほぼすべて網羅されており、仮想通貨投資をする上で、購入するコインの選択肢が一番多いコインチェックは投資のチャンスが多いと言えます。

色々なコインの中から、気に入ったコインを見つけて買うのは楽しいものですし、「このコインも買ってみたいな」と思ったときに、コインチェックであればすぐに購入することができます。

 

コインチェックを利用すると簡単に分散投資が可能

コインチェックを利用すると簡単に分散投資が可能

仮想通貨に関わらず、株や投資信託などでも、投資をする上で重要なのは分散投資であると言われます。分散投資をすることで、リスクを減らし、より安定した資産形成をすることができるのです

購入するコインを一つにしてしまうと、その銘柄が下がったときにはすぐに含み損になってしまいます。しかし、いくつかのコインに分散して投資していると、片方のコインは下がっていても、もう片方のコインは上がっているといったような感じで、コインの価格が下がったときの含み損が緩和されます。

このように、リスクを抑えた投資ができるので、分散投資はおすすめと言えます。
購入する仮想通貨の選択肢が多いコインチェックでは、分散投資が行いやすい環境にあると言えますので、仮想通貨投資を始めるときは、色々なコインを買うことができるコインチェックでの口座開設をしておくと良いでしょう。

 

コインチェックアプリは使いやすくて人気 その特徴

コインチェックアプリは使いやすくて人気 その特徴

 

iOS版Android版

仮想通貨投資をしている人で、コインチェックの口座を持っていない人はいない、と言われるほど人気があるコインチェックですが、その人気の理由の一つに、アプリがあります

コインチェックが無料で提供しているアプリは、画面がとても見やすく、初めて仮想通貨投資を始めるという人でも簡単に使えるように、工夫されています。

特に、アプリを使ってスマホでも簡単に取引が行えるため、例えば仕事の合間や電車などでの移動中、休日に外出している時であっても、スマホを使ってささっと仮想通貨の売り買いができるのです。

もちろん、チャートも見ることができますので、購入した仮想通貨の値動きも、いつでもどこでもチェックすることができます。

仮想通貨は株などと違い、値動きが比較的大きいので、このように、いつでも仮想通貨の値動きを把握できることは、大きなメリットがあります。

「大きく値下がりしたから、買い増ししよう」「年初来高値に到達したから、今売ろう」というような投資のタイミングは、家でパソコンの前にいる時にだけ訪れるとは限りません。

仕事をしながら、家事や子育てをしながら、また学生で勉学をしながら、仮想通貨投資をしている人も多く、このように、いつでもどこでも値動きをチェックすることができ、「買いたい!」「売りたい!」というタイミングを逃さずにスマホで売り買いできるコインチェックは、非常に利便性が高いので、人気となっているのです。

 

コインチェックの仮想通貨の保管方法は安全性が高い

コインチェックの仮想通貨の保管方法は安全性が高い

 

コインチェックでは、ユーザーから預かっている仮想通貨の約95%を「コールドウォレット(コールドストレージ)」というところに保管しています

これは、オンライン上ではなく、オフライン上で大部分のコインを保管してくれているということです。

ずっとオンライン上の「ホットウォレット」で保管している場合、常にハッキングのリスクがあり、最悪の場合、コインが盗まれてしまうこともあります。取引所は常に多くの仮想通貨が売買されている状態ですので、ハッカーなどがいつも狙っているのですね。

しかし、コインチェックは、手間はかかりますが、ほとんどのコインをオフライン上で管理してくれているので、セキュリティが非常に高く、安心できる取引所と言えるでしょう。

 

コインチェックは盗難補償サービスが充実

コインチェックは盗難補償サービスが充実

 

コインチェックは、東京海上日動と一緒になって、仮想通貨の盗難補償サービスを行っています。二段階認証を設定していることが条件ですが、もしもユーザーアカウントへ不正ログインされ、入金している日本円や、購入している仮想通貨が盗まれてしまった場合、最大100万円まで補償してくれるというものです。

はじめて仮想通貨投資を始める場合、色々不安もあることでしょう。しかし、100万円まで補償してくれるというサービスがあるので、安心して投資を始めることができるのではないでしょうか。

もし万が一のことが起こった場合でも、コインチェックならば安心ですね。

補償を受けるには、二段階認証の設定が条件となりますので、口座を開設したときに、忘れず設定しておくようにしましょう。

 

 

コインチェックの口座開設や詳細設定の方法

コインチェックは、口座開設をとても簡単に行うことができます。また、仮想通貨を購入するのもとても簡単です。

仮想通貨投資をしている人の中には、実は株や投資信託を購入したこともない、「投資が初めて」という人も多いのですが、そのような人にとっても、コインチェックは難しい操作がなく、簡単なので、非常に使いやすくなっています。

 

コインチェックの口座開設方法

コインチェックの口座開設方法

 

コインチェックで口座を作るのは、とても簡単で、数分で完了します。

 

①コインチェックのホームページで、メールアドレスと希望のパスワードを入力し、「アカウントを新規作成する」をクリック

コインチェックにメールアドレスとパスワードを入力

 

 

②そのメールアドレスに確認メールが届くので、記載されているURLをクリック

コインチェックの確認URLを開く

 

 

③これで確認が終わり、口座が開設されます

 

口座開設は10秒くらいで終わり、とても簡単です。
このように口座開設をした後は、電話番号認証と本人確認の段階に進みます。

 

電話番号認証の方法

上記でコインチェックに口座開設を済ませると下記の画面に移りますので、「本人確認書類を提出する」をクリックして進みましょう。

 

本人確認書類を提出するをクリック

 

 

①電話番号認証の画面になるので自分の携帯番号を入力し、「SMSを送信する」をクリック

電話番号認証を行う

 

 

②コインチェックから携帯にSMSメールで認証コードが届く

コインチェックからSMSメールが届く

 

 

③その番号を「送信された認証コード」の欄に入力し「認証する」をクリック

SMSで送られてきた認証コードを入力

 

 

④電話番号認証済みの画面に切り替わればOKです。

電話番号認証済みの画面

 

これで、電話番号認証は完了です。

 

コインチェックの本人確認の方法

コインチェックの本人確認の方法

続いて、本人確認も一気に済ませてしまいしょう!

 

①先程の画面から引き続き…今度は「重要事項の承諾」をクリックし、内容を確認して全てに☑をつけて「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック

重要事項の承諾をクリック

サービスを利用するをクリック

 

 

②「本人確認書類を提出する」をクリック

 

 

③名前や性別、住所など必要事項を入力します。※ここには、運転免許証など、本人確認書類と同じ情報を同じ書き方で(番地の記載を省略したりせず)入力しましょう

必要事項を入力

 

 

④身分証明書のデータをアップロードします。使える身分証は、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、運転免許証、写真付き住基カードなどです。

身分証の裏、表の画像に加え、その身分証を持っている自分の顔写真(セルフィ―)の3つの画像が必要です。

※下図の「カメラを起動」を押すと写真が撮れる様ですが…私はうまく撮影出来なかったので、結局自分のスマホで撮って「ファイルを選択」から画像を選びました。

IDセルフィーを提出

 

 

⑤3つの画像が用意できたら「本人確認書類を提出する」をクリック

 

 

これで、本人確認作業は終了です。身分証明書の裏面は、何も記載がなくても提出が必要ですので、忘れないようにしましょう。

 

コインチェックには必須の二段階認証の設定方法

コインチェックには必須の二段階認証の設定方法

 

  1. ログインして、左の下にある「設定」をクリック
  2. 右上に表示されている「二段階認証」をクリック
  3. 「設定する」をクリックするとQRコードが表示される
  4. あらかじめスマホにインストールしていたアプリ「Google Authenticator」でQRコードを読み込む
  5. コインチェックの二段階認証画面で、スマホに表示されている6桁の数字を入力する

以上で完了となります。スマホの「Google Authenticator」に表示される数字は、定期的に変わっていきますので、ログインするたびにスマホのアプリを開き、最新の数字を入力するようにしましょう。

 

 

コインチェックの入金方法

コインチェックでは、入金方法がいくつか用意されていますので、一番都合が良いやり方で日本円を入金することができます。

 

銀行振込を使った入金の仕方

銀行振込を使った入金の仕方

  1. アカウントに登録
  2. 『ウォレット』を選び「日本円/ドルを入金する」をクリック
  3. 上部に「日本円を入金」「USドルを入金」「コンビニ入金」「クイック入金」が選択できるようになっていますので、ここが「日本円を入金」になっていることを確認する
  4. グリーンの枠内に記載されているコインチェックの入金先に、銀行から入金します。

りそな銀行宛ての振込の場合は、名前だけで大丈夫ですが、住信SBI銀行の口座に振り込む場合は、ユーザーIDと名前の両方を振込人名義に入力する必要があります。

名義をどのように設定して振り込むかということは、コインチェックの画面上にしっかりと表示されます。振込人名義が違う場合、入金が反映されなかったり、返金ができなかったりとトラブルの元になりますので、決して間違えないようにしましょう。

 

ドルでの入金の仕方

日本円ではなく、ドルで入金することも可能です。しかし、入金する際の手数料が非常に高いので、日本円で入金することをおすすめします。

 

コンビニ入金の仕方

コンビニ入金の仕方

  1. 「コンビニ入金」をクリックすると、必要情報を入力する画面が出てきますので、氏名や電話番号、メールアドレス、入金額を入力します。
  2. すべて入力して「決済申請」をクリックすると、第一番号(企業コード)と、第二番号(注文番号)が表示されます。
  3. この番号を控えて、コンビニの機械を使って入金することができます。利用できるコンビニは、ファミリーマートやミニストップ、ローソンなどです。

コンビニから入金されたお金は、約1週間は移動制限期間があります。入金した後に、急にお金が必要になって出金したくなった場合でも、1週間は資金の移動ができませんので注意しましょう。

 

クイック入金の仕方

クイック入金の仕方

クイック入金とは、ペイジー決済を使って入金する方法です。このクイック入金を利用すれば、24時間365日、いつでも入金することが可能で、すぐに口座に反映されます

土日などの週末や夜間など、「今仮想通貨を買いたいのに、口座にお金がない」という時などに非常に便利です。このクイック入金を使うと、投資のタイミングを逃すことなく仮想通貨を購入できます。

仮想通貨は値動きが大きいので、入金の反映を待っている間に、買おうと思っていた銘柄が高騰してしまったりします。クイック入金を使うと、すぐに反映してくれますので、素早く仮想通貨を購入することができます。

ただし、ペイジー対応の銀行からしか利用することができませんので注意しましょう。
大手銀行はほぼ対応しています。

  1. まず、クイック入金をクリック
  2. 入金額、氏名、郵便番号、住所、電話番号などを入力します。
  3. 決済申請をすると、支払い金額、収納機関番号、お客様番号、確認番号が表示されますので、これらを使って、インターネットバンキングなどで振込手続きを行います。
  4. すぐにコインチェックの口座に反映されます

 

コインチェックでの仮想通貨の売買方法

コインチェックでは、簡単な操作で仮想通貨を購入することができます。

難しい操作だと、間違えてしまったらどうしようと不安になってしまいますが、コインチェックでは、本当にシンプルな手順でコインを買うことができますので安心です。

 

ビットコインやアルトコインを簡単に買う場合

ビットコインやアルトコインを簡単に買う場合

 

① ログインした後、画面上部にある「ウォレット」をクリックします
② 左側のメニューの「コインを買う」をクリックします
③ まず、買いたい仮想通貨の種類を選びます
④ 数量を入力します
⑤ 購入をクリックします

このように、簡単な操作をするだけで、簡単に仮想通貨を購入することができます。

 

ビットコインを指値注文する場合

ビットコインを指値注文する場合

ビットコインの場合は、売り板・買い板を見て、指値をして購入することも可能です。例えば、今取引されている値段よりも安くなったら買いたい場合、高くなったら売りたい場合などは、将来の値動きを見越して、あらかじめ注文を出しておくこともできます。

  1. ビットコインを買いたい場合は「買い」、売りたい場合は「売り」をクリックする
  2. 売り板、買い板で指値を見て、買いたい、売りたいと思う価格を決める
  3. レートのところに、その価格を入力
  4. 注文量を入力
  5. 最後に、「注文する」をクリック

この指値注文の場合は、「注文する」をクリックしてから、すぐに約定できるとは限りません。自分が指値した値段になったときに、初めて約定されます。

それが1時間後の時もありますし、半日後の時もあります。自分が思った値動きと反対の方に動いてしまい、何日たっても約定できないときもあります。

そういった場合は、一旦注文を取り消して、新たに指値注文を出すと良いでしょう。

 

ビットコインやアルトコインをクレジットカードで注文する場合

ビットコインやアルトコインをクレジットカードで注文する場合

  1. ログイン後、画面上部のウォレットをクリック
  2. 左側のメニューから「クレジットカードで買う」をクリック
  3. 買いたいコインを選び、買いたい金額を選びます。5,000円分から100,000円分まで、5,000円刻みで購入することができます
  4. 金額を選び、「購入する」をクリックすると、クレジットカード決済画面になりますので、必要情報を入力します

クレジットカードで手軽に仮想通貨が買えるのは非常に魅力的です。クレジットカードの支払いは約1カ月後ですから、「今安くなっているから買いたいけど、現金がない」というときにとても助かります。

ただし、クレジットカードで購入した仮想通貨は、1週間が経過しないと、外部に送金することができません。また、クレジットカード決済を取り消すことはできませんので、慎重に考えてから購入するようにしましょう。

 

コインチェックでの日本円の出金方法

コインチェックでの日本円の出金方法

コインチェックで仮想通貨を売却し、出金する場合は、ログイン後、まず、出金先の口座を登録してから出金手続きを行います。

出金手続きをしてから、口座に振り込まれるまでは少し時間がかかりますので注意しましょう。

  1. 日本時間で、銀行営業日の15時までに出金申請した場合は、翌銀行営業日の9時に着金予定
  2. 銀行営業日の15時以降のような、銀行営業時間以外に申請をした場合は、翌々銀行営業日の9時に着金予定

となっていますので、お金が必要になったときは、早めに出金手続きを行うようにしましょう。

 

コインチェックのメリットまとめ

コインチェックのメリットまとめ

これまで説明してきたように、コインチェックを利用するメリットは多くあります。メリットをもう一度以下にまとめてみました。

  • 色々な種類のアルトコインを買うことができる
  • アプリが使いやすく、スマホでの取引も簡単にできる
  • 不正ログインによる損害は、最大100万円まで補償される
  • クレジットカードでビットコイン、アルトコインの購入ができる
  • 取引所がコールドウォレットでコインを管理してくれていて、安全性が高い

特に、様々な種類のアルトコインを購入できるという魅力は大きく、仮想通貨投資をするのであれば、コインチェックは必ず口座開設をしておきたい取引所と言えるでしょう。

 

コインチェックのデメリットまとめ

コインチェックのデメリットまとめ

コインチェックは利用しやすく大変人気がある仮想通貨の取引所ですが、デメリットもあります。デメリットは以下のようになっています。

  • アルトコインの指値注文ができない
    ビットコインは指値注文ができるのですが、アルトコインはできません。よって、自分が思っていた価格よりも高く買ってしまったり、逆に安く売れてしまったりすることがあります。
    しかし、指値注文は、初心者には難しく感じてしまうかもしれませんので、指値ができないけれど、その分簡単に買えるということで、メリットともいえるかもしれませんね。
  • 送金時の二段階認証ができない
    コインチェックの二段階認証設定をすると、ログイン時にはスマホに表示された二段階認証の数字を入れなければならず、高い安全性が期待できます。

しかし、購入したコインなどを外部に送金するときには、二段階認証なしで実行できてしまいます。ビットフライヤーなどは、送金時にも二段階認証を導入していますので、それらに比べると、送金時の安全性は少し低いと言わざるを得ないでしょう。
ただし、コインチェックは、取引所のコインはコールドウォレットで保管してくれていますし、補償サービスも充実していますので、送金時の二段階認証がなくても、やはりセキュリティが高い取引所ということができるでしょう。

コインチェックはこのように、初心者の人でも安心して利用できるので、利用者がどんどん増えている人気の取引所です。口座開設は簡単にできますので、色々な仮想通貨を買うことができるコインチェックで、口座を開設して仮想通貨投資を始めてみてください。