仮想通貨の草コインとは!?購入できる安全な海外の取引所!

 

仮想通貨と言えば、ビットコインを思い浮かべる人が多いです。しかし、最近、草コインと呼ばれる仮想通貨が注目されてきています。

今回は、仮想通貨の草コインとは何か?という基本的なところから、購入するメリット・デメリットについてご紹介します。勿論、最終的には草コインを購入できるオススメで安全な海外取引所を紹介しています。

オススメの仮想通貨取引所

スポンサーPR

 

仮想通貨の草コインとは?

仮想通貨の草コインとは?

 

仮想通貨と言っても、世の中には1000種類以上の種類があると言われていますが、その9割以上は『草コイン』と呼ばれる仮想通貨です。仮想通貨の中でもある下記の特徴がある仮想通貨を草コインと呼びます。

  • 目的がわからない(何かを解決するためのコインじゃない)
  • 新規性がない(既存の技術しかない)
  • 将来性がわからない
  • マイナーで入手が困難
  • 1円以下の激安コイン

草コインは明確な定義があるわけではありません。

野球で例えると、仮想通貨で最も有名なビットコインが世界トップの大リーグのチームだとするならば、イーサリアムやライトコインはプロ野球チーム。草コインは世界全国にある草野球チームといったイメージです。

今はまだ草コインでも、将来的に注目され人気が集まれば、格上げされる場合もあります。

今でこそ有名になり注目を集めているビットコインですが、はじめは1円以下でした。それが今では、1ビットコインあたり200万円以上となっています。もし、1円のときに1万円投資していれば、200億円に資産が膨れ上がったことになります。

 

草コインを購入するメリット

草コインを購入するメリット

次に、草コインを購入するメリットを順番にご紹介します。

 

メリット①:一獲千金が狙える

一番のメリットは大儲けができる可能性があることです。これに尽きます。

草コインは1円以下の激安コインです。1000円あれば、1000コイン以上を保有することができます。購入したコインが注目されて、価格が大幅に上昇したら、莫大な利益を上げることができます。

先の例で挙げたビットコインもそうです。少ない投資金で、莫大な利益を上げられる可能性がある。これが、草コインを購入する最大のメリットです。

第2のビットコインを目指して、草コインはこれからも増え続けていくことでしょう。草コインの中から、将来有望なコインを1000円だけでも投資しておけば、億り人を目指すこともできます。それもおそらく宝くじを買うよりも高い確率で。

中には、1000円ずつ10種類以上の草コインを購入し、値上がりを待つ投資家もいるようです。草コインの投資で、億万長者の人が今後たくさん出てくるかもしれませんね。

 

メリット②:損失額が限定される

草コインは元から激安です。なので、それほど大きな投資をしなければ、損失額は限定されます。最悪、購入したコインが消えてしまったとしても、現物購入していれば、購入した金額以上の損失が出ることはありません。

逆にFXのようにレバレッジを使って自分の資産以上の草コインを購入すると、大きな借金を抱える可能性があるため、注意が必要です。

 

草コインを購入するデメリット

草コインを購入するデメリット

最後に、草コインを購入するデメリットを順番にご紹介します。

 

デメリット①:コイン自体が消えるかもしれない

草コインは将来性がわかりません。最悪の場合、自分が購入した草コインが消えてしまう可能性もあります。その場合、投資して手に入れた草コインは、ただのごみクズになります。一発当てれば一獲千金を目指せますが、当たらなければ購入した金額は消えることが多いです。

また、草コインを購入している人たちは、同じように一獲千金を狙って購入している人がほとんどです。あまり大きく購入しすぎると、リスクが高まりますので、注意しましょう。

 

デメリット②:ボラリティが高すぎる

草コインは注目されれば大きく価格が上昇します。しかし、その逆でマイナスな出来事があれば、急落します。このように、価格の変動が高いことを、ボラリティが高いと言います。

一般的に、ボラリティの高い相場は投資が難しいと言われています。毎日大きく価格が変動するため、買い時も売り時も素人には難しいのです。とはいうものの、注目されるまでは激安価格で安定した価格となっています。草コインを購入するなら、まだ注目されていないコインを購入しましょう。

 

デメリット③:入手が困難

現状、国内の業者で草コインを取り扱っているところはありません。よって、草コインを購入するためには海外の業者を利用する必要があります。海外の業者は詐欺が多いので、注意が必要です。購入はできたが、売却ができなかったりする場合もあります。

 

【まとめ】仮想通貨の草コインとは!?

今回は、草コインとは何か?という基本的なところから、草コインを購入するメリット・デメリットをご紹介しました。

草コインはマイナーな通貨で、少額の金額で購入することができます。もし注目されて大きく価格が上昇すれば、億り人も夢ではありません。しかし、ギャンブル性が高く、最悪の場合、購入したコインが消えてごみクズになる可能性があります。また、草コインの入手自体が困難です。とはいうものの、やはり少額で一攫千金を狙えるのはとても魅力的です。もしご興味があれば、草コインを購入してみてはいかがでしょうか?

草コインは少額の資金で億り人を目指すことができます。だから、草コインで一獲千金を目指して、草コインの購入を検討している方も多いはず。でも、いざ草コインを購入しようと思っても、国内の取引所では草コインを取り扱っているところはありません。よって、草コインを購入することができません。草コインを購入するためには、草コインの取り扱いのある海外取引所を利用するしかありません。しかし、海外の業者は詐欺のところも多いため、非常に注意が必要です。

そこで、今回は草コインの買い方、購入できる安全な海外取引所がどこなのか、ご紹介します。草コイン購入を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

 

草コインの買い方

草コインの買い方

 

草コインを買うためには、草コインを取り扱っている海外取引所に口座を開設する必要があります。おすすめの海外取引所は後述します。

 

まずは国内の取引所で口座を開設

まずは国内の取引所で口座を開設

 

草コインの取り扱いのある海外取引所以外に、日本円とビットコインを両替できる取引所が必要です。なぜなら、基本的に海外取引所は日本円を取り扱っていないため、日本円をビットコインに両替した後、ビットコインを海外取引所の口座に入金する必要があります。

日本円とビットコインを両替する取引所は、国内取引所の大手3社であるビットフライヤーコインチェックザイフから好きな取引所を開設することをおすすめします。国内取引所なので、日本語で簡単に口座開設できます。

サーバー弱いけど手数料が安い「ザイフ」にするか、手数料が高いけど取り扱い通貨の多い「コインチェック」にするか、手数料高いし取引通貨種類が少ないけど信用度が高い「ビットフライヤー」にするかは好みの問題です。迷うなら、3つともとりあえず口座開設してしまうのもありです。どうせ口座開設・維持費は無料ですので。

草コインを買う流れは下記のとおりです。

  1. 日本円をビットコインに両替
  2. 草コインの取り扱いのある海外取引所にビットコインを入金
  3. 海外取引所で草コインを買う

慣れれば簡単にできますので、とりあえず草コインの買い方をイメージしてみましょう。

 

草コインを購入できる安全な海外取引所はどこ?

草コインを購入できる安全な海外取引所はどこ?

 

次に、草コインを購入できる安全な海外取引所についてです。はっきり言って、海外取引所で安心安全な取引所は存在しません。今からご紹介する3つの海外取引所は、その中でもまだましだと私が感じた取引所です。リスクがないわけではないので、これからご紹介する取引所でもある程度のリスクがあることを意識して読み進めてください。

 

取り扱い種類が豊富な「CoinExchange」

取り扱い種類が豊富な「CoinExchange」

 

草コインの取り扱いが530種類以上と豊富な海外取引所「CoinExchange」は、草コインを取引するために一番おすすめの取引所です。

「CoinExchange」は新しい草コインがどんどん取り扱いコインになっていきます。草コインは新しくできたときにまず注目を集め出来高が高くなりますので、新しい草コインがすぐに取引できるようになる「CoinExchange」はとても魅力的です。

ただし、すでにゴミ化しているコインも多いです。草コインを買うことができたが、他に誰も買う人がいないため、自分が買った草コインを売れない状況になったりする場合もあります。サーバーと接続できなくなり、一次的に草コインを売買できなくなったりすることも過去にあったようです。

少し不安定な部分があるため、草コインの購入分だけ口座に入金し、もし利益が出たらすぐに国内取引所に出金することをおすすめします。

 

日本語対応の「Binance」

日本語対応の「Binance」

 

海外取引所でも、「Binance」は日本語対応している日本人にとってとても心強いです。スマホアプリにも対応しており、ユーザーインターフェースは抜群に良いです。手数料も安いので、草コイン売買を頻繁にするなら、とても魅力的です。

「Binance」は草コイン以外でも有名な仮想通貨が網羅されています。しかし、取り扱いコインの種類は79種類と「CoinExchange」よりはだいぶ少ないです。

ただし、2017年7月にできたばかりの取引所で、取引所自体は中国にあります。2017年9月に中国は仮想通貨取引を禁止していますので、今後「Binance」も取引停止の可能性がゼロではありません。

 

草コインの大手「Cryptopia」

草コインの大手「Cryptopia」

 

草コインの大手「Cryptopia」は、「CoinExchange」と同等の500種類以上のコイン取り扱いがあります。新しく公開されたばかりの草コインでも購入することができます。

しかし、「Cryptopia」はクソコイン取引所と言われることもあり、豊富な取り扱いコインの中にはすでにゴミ化している草コインも多くあります。いかに将来、爆上げする草コインを見極めるかが大切で、逆にそれさえできるようになれば、「Cryptopia」の取り扱いコインの多さは非常に魅力的です。

ただ、セキュリティ面で少し不安の残る取引所です。認証の設定があまいと、誰かに口座を乗っ取られたり、バグで保有コインが0になってしまったという報告もあります。

やはり「CoinExchange」と同じように、草コインの購入分だけ口座に入金し、もし利益が出たらすぐに信頼できる国内の取引所にコインを移してしまうほうが無難です。

 

海外の仮想通貨取引所の口座開設についての注意点

海外の仮想通貨取引所の口座開設についての注意点

 

国内の取引所は、セキュリティなどを徹底するために本人確認と二段階認証を行わなければならないのですが、海外の取引所だと、本人確認をしなくても利用できます。しかし、セキュリティに不安があるので、二段階認証を導入している取引所の利用がおすすめです。そこで、海外の取引所の口座開設方法を簡潔的ですが、解説していきます。

 

本人確認はパスポートでしか受け付けない

日本ではなく海外の取引所なので、本人確認にパスポートが必要となります。本人確認を済ませることで、送金できる額の上限が引き上げられ、一部かかっていた制限が解除など、取引所によって内容が異なります。ちなみにパスポートは、市役所や役場などで新規発行の手続きを行うことはできますが、発行料が5年間利用で11,000円、10年間利用で16,000円となり、安くはありません。特別な理由がない限り、発行するメリットはないということです。

 

日本円で入金することはできない

一部の取引所に例外はありますが、すべての取引所では、日本円で入金して仮想通貨を購入することができません。取引所に入金するには、国内取引所で仮想通貨を購入し、海外の取引所に送金する必要があります。ただし、対応する仮想通貨でなければ、送金できないだけでなく、海外の取引所が扱う仮想通貨を購入することができないので、注意が必要です。

ある程度の儲けが出たら、ハッキングやトラブルといったリスクを回避するために、すぐに国内取引所に送金しなければなりません。長期に寝かせたい場合は、損しても問題ない程度の額に抑えましょう。

 

【まとめ】仮想通貨の草コインを購入できる安全な海外の取引所!

今回は、草コインの買い方と草コインを購入できる安全な海外取引所について、ご紹介しました。

草コインを買うためには、草コインを取り扱っている海外取引所の口座と、日本円からビットコインに両替するための口座が必要です。

海外取引所で安心安全な取引所はありません。まだましな海外取引所として「CoinExchange」「Binance」「Cryptopia」をご紹介しました。これら3つの海外取引所でも、リスク管理は非常に重要です。

リスクを踏まえた上で草コインを購入し、一攫千金を目指しましょう。