イーサリアムとは!?初心者にわかりやすく解説!

 

イーサリアム(Ethereum)はビットコインと同じく仮想通貨(アルトコイン)でビットコインに次いで人気が高い仮想通貨です。

世界各国に仮想通貨ブームが広がり、2017年は更にイーサリアムの価格の上昇で更に注目を集めています。発売当初から現在まで驚く高騰ぶりを見せて、時価総額ランキングでは2位をキープしているイーサリアムは、今後どのような動きを見せるのでしょうか。

イーサリアム所有者のみならず購入を考えている人は気になっていると思います!2018年の仮想通貨市場は楽しみですね。ここでは、イーサリアムの特徴や、セキュリティ面、現在までの動き、将来性を詳しく分析しながら、初心者にわかりやすく説明したいと思います。

オススメの仮想通貨取引所

スポンサーPR

 

イーサリアムとは?

イーサリアムとは?

 

イーサリアムの詳細プロフィール

通貨名:thereum
呼び方:イ-サリアム
通貨単位:ETH
発行上限枚数:なし
イーサリアムコイン取扱い取引所;ビットフライヤー(bitflyer) コインチェック(coincheck) ビットポイント(BITPOINT) GMOコイン みんなのビットコイン ビットバンク(bitbank.cc) コイン(QUOINEX)
平均ランキング:2位前後
※イーサリアムとイーサリアムクラシックは、イーサリアムからハードフォークされて生成されたコインです別の仮想通貨ですので、間違えないようにしてください。

 

イーサリアムの基本情報

イーサリアムの基本情報

 

イーサリアムは2015年に発売された、ビットコインについで時価総額2位の仮想通貨です。1000種類以上あるアルトコインの中では、1番人気があるコインとして知られています。

イーサリアムは、ビットコインの共通点は、管理する団体が存在しないということだけでしょう。イーサリアムとビットコインは、それぞれ全く異なったブロックチェーン上で取引処理を行っていますが、イーサリアムは、「スマートコントラクト」といって取引した際に交わす「契約」を実行することができます。ビットコインは、決済だけに対してイーサリアムは決済~契約まで幅広く取引することができます。ブロックチェーン上に契約から決済までの行動がデータ内に記録、保存されていますので不正なやりとはエラーになるので、安心して取引することができます。「自動」ということは、人の手間を必要としないので人件費のコスト削減に繋がり、契約にかかる捺印や契約書などの郵送といった手間も省けます。イーサリアムから分裂したイーサリアムクラシックもイーサリアムと仕様は同じなので「スマートコントラクト」機能を採用しています。分裂したイーサリアムクラシックとイーサリアムの機能性はほとんど変わりません。「スマートコントラクト」がイーサリアムの最大の特徴といえます。

 

その他イーサリアムの特徴は、イーサリアムの送金スピードです。

ビットコインと比較してみると、10分かかる決済をイーサリアムは2分で終わります。これは「マイニング」というブロック生成によるものです。2017年10月にはイーサリアムの大規模アップグレードを実施したことで更に決済スピードが早くなったことで更に人気が高まりました。このアップグレードは4回にわけて行われました。どのようなアップグレードなのか簡単に説明します。

そもそもハードウォークとは・・・「仕様の変更・改善」という意味です。わかりやすくいえば「アップデート」です。このアップデートには2種類の方法があります。ハードフォークとソフトフォークです。

ソフトフォークによる変更は、ブロックチェーンで繋がっている全部のブロックを変えます。すべてが一新されて新しくなるので、情報は残りません。

ハードフォークは、指定したブロックから新しいブロックが作られるので、2つのブロックができます。1つのブロックから分裂して2つになるので、情報が消えることはありません。

分裂して作られると別の仮想通貨になります。ビットコインのハードフォークでの新しいコインは「ビットコインキャッシュ」です。

 

イーサリアム4段階のハードフォークアップグレードの概要

第一段階・・・フロンティア(frontier)2015年7月~
まず始めのアップグレードは、技術者向けに基本的な機能を導入することがテストされました。

第二段階・・・ホームステッド(homestead)2016年3月~
一般ユーザーも参入。より安全にプラットフォームを利用して通貨、トークンで取引できるようになりました。しかしここで脆弱性が原因でハッキングされ(THE DAO事件)が起こりイーサリアムが分裂してイーサリアムクラシックが誕生するきっかけとなりました。

第三段階・・・メトロポリス(metropolis)2017年10月~
プルーフオブワーク(Pow)からプルーフオブステーク(POS)へ移行準備。

  • Powとは
    取引内容がブロックチェーン上に記録されるために暗号化されて承認されます。その暗号を解いたら報酬がもらえる承認アルゴリズムです。つまり仕事量が多ければ多いほど報酬がもらえます。
  • POSとは
    POW(Proof of Stake)の欠点を補った承認アルゴリズムです。POSはコインを長く保有している人が報酬がもらえます。

第四段階・・・セレニティ(serenity)
ハードフォークの最終段階で、PowからPOSへの移行を完了してより安全に取引できるようになります。2017年内に行われる予定でしたが、2018年2月頃年に行われるようです。最後のハードフォークによる価格の高騰が続いています。

 

イーサリアムのセキュリティ

イーサリアムのセキュリティ

 

イーサリアムは、たびたびハッキング被害を受けていました。有名なTHE DAO事件では約60円盗難されるという痛ましい事件が起きています。これはシステムの脆弱性をつかれたものなので、セキュリティを向上するために、第三段階のメトロポリスによってセキュリティ面が向上されました。メトロポリスを掘り下げて説明します。

 

プライバシーの保護(匿名性)

「zk-SNARK」と「ゼロ知識」が導入されて匿名トランザクション(取引)の実行でプライバシーが保護されます。

 

セキュリティ強化

ハッキングによる被害が起こらないように、自分自身の秘密鍵を持つことでより強固にします。ネットワークにおけるセキュリティも強くなります。

 

スマートコントラクトによるコスト削減と簡略化

プログラムの簡略化によってプログラミング不要になります。取引が実行されたときに生じる作業も簡単になりコストが削減されます。

 

POWからPOSへの移行準備

POWからPOSへの移行準備

 

POSに移行することによって、マイニングにかかる電気代がかからず、コインを保有していれば誰でも報酬がもらえます。

仮想通貨に限らず、サーバーに繋げている以上ハッキングに合う可能性があります。なるべく被害にあわないためにも、取引所で保管していてはいけません。取引所自体がハッキングされた場合、コインが盗まれてしまうからです。被害に合うと最大~円まで保証しますという取引所もありますが、海外の取引所などは返金されない可能性が高いので注意が必要です。盗まれて痛い目に合うのは自身なので、専用ウォレットに保管して管理しましょう。

イーサリアムの保管に1番人気があるのは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)です。サーバーを介さずに、オフライン取引が可能で安全性が高いことから人気です。また日本語に対応しているので、扱いやすくなっています。MyEtherWalletではオフラインの環境から送金できるので秘密鍵を知られる心配がなく安全に取引できます。秘密鍵を忘れると大変な目に合うのでメモする必要があります。オフラインの環境は、ハッカーとは無縁ですのでウォレットを選ぶ際はオフライン保管が可能かどうかがポイントになります。

 

イーサリアムの動き

イーサリアムの動き

 

現在のイーサリアムのチャートは、https://www.coingecko.com/jaから見ることができます。日本語に対応しているのでわかりやすいです。2015年5月に発売されたイーサリアムですが、これまでの動きはどうだったのでしょうか。

おおざっぱに説明しますと、2016年1月に1ETH114円、2016年3月には60倍の急騰しました。60倍という数字には驚いたかたも多かったのではないでしょうか。それから2016年12月まで下落していきましたが2017年2月には1198円に高騰して現在では約40倍の値上がりを見せています。

2017年7月に起きた、Parityウォレットのバグが原因で約34億円のETHがハッキングによって盗まれました。このあと、更なる欠陥がParityウォレットに発覚してしまい316億円分を凍結する事態に発展しましたが、ハッキング被害はなかったので価格はそれほど変わりませんでした。

この動きから見ると、2016年の下落はハッカー事件による影響からになります。今年に入って高騰したのは、ハードフォークによるものと、大手企業の参入によるものです。

2017年2月に大手企業であるマイクロソフトやJPモルガンチェース、インテル、KDDIなどがエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)が結成されました。これは、イーサリアムを活用しスマートコントラクト技術を利用してビジネス展開していくことが目的とした企業連合です。参入している企業は他に三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ自動車、マスターカード、KDDIが挙げられます。その他約150社以上が加盟に加わりました。

金融機関にとどまらず、様々な企業分野でイーサリアムのブロックチェーンが利用されることによって注目度が高まっています。2017年11月には、イギリスの高級流通業店「LuxDeco社」がイーサを使って社債発行準備をしたという報道で、イーサリアムは425ドルの最高値を更新しました。社債発行をイーサで発行するとなると他の企業でも行う可能性も出てきまので、今後も価格上昇に期待できますね。

社債発行とは・・・一般の企業が、銀行からの融資を受けるのではなく、投資家からの資金を調達するということです。金融会社で資金を借入するよりも、金利が低いので多くの企業が社債発行という形で資金を調達しています。
企業の借用証書といった意味です。

 

Parity(パリティ)ウォレットによる被害

Parity(パリティ)ウォレットによる被害

 

イーサリアムのクライアントである「Parity」のウォレットの中にイーサリアムを保管します。

上記でも述べましたが、「Parity」のウォレット内で発生したバグによってイーサが盗まれてしまいました。そして、そのあとに再び致命的なバグが発覚したことで93万イーサ(約316億円)が凍結してしまいました。このときはハッキングには合わなかったものの、凍結する形になりました。凍結するとETHが宙に浮いて使えない状態になるので、イーサリアムのネットワーク機能を変える「EIP-156」を実装しようと考えました。これは、イーサリアムを開発したVitalik Butrein氏による考案ですが、これには賛否両論でまだ実装されておりません。

「EIP-156」を導入して凍結を解除するには、強引なハードフォークをすることになるためだとされています。TDE DAOによる有名なハッキング事件があり、そのときにハードフォークをしイーサの大暴落が免れるとうにイーサリアムを分裂させてイーサリアムクラシックを作りました。

「EIP-156」をすることで、イーサが戻ってくるので対処してほしいところではないでしょうか。このときは、盗まれていないので価格の暴落は起きませんでした。

 

イーサリアムの今後

ビットコインに続く2位を常にキープしているイーサリアムの将来はどうなっていくのでしょうか。価格自体は上がると思っています。

仮想通貨の時価総額は、20兆円超です。アナリストのRonnie Moas氏は「2028年までに220兆円になる」と予想しているそうです。それほどまでに市場では仮想通貨の価値が急成長していくので、今からでも積み立て投資してみるのも良いかもしれません。
価格の変動が激しい仮想通貨の中でのイーサリアムの魅力は、ビットコインに続く人気なのに安定的な動きを見せている点では、安心して取引できます。発売以来急な暴落がなかったことや、高値のままキープしている状態を見ると、2018年もそれほど暴落、高騰しにくい傾向だと思います。2014年、発売前は26円でしたが発売してからは120円に上昇しました。直後に、上昇しているということはそれだけイーサリアムの今後に、市場が期待しているからだと思います。

大企業による「EEA」やアップデート「メトロポリス」が高騰のきっかけになったのですが2018年もよりイーサリアムを利用しやすくするための改善が行われる場合は再度、火がついた状態になると思います。

価格が下落をするきっかけは、良からぬ話題や事がおきたときです。イーサリアムは、取引量が多いのでそれだけハッキング被害を受ける可能性もあるということでアップデートを行い対策しています。

また、3年後の2020年には日本の東京でオリンピックが開催されるので、仮想通貨自体の価格が上がることでイーサリアムも上昇するのではないかとされています。海外で観光するなら、仮想通貨を使えたほうが良いにきまっていますよね。

また、韓国では仮想通貨市場が盛り上がってきている中で、イーサリアムを取り扱っている国の中で韓国は第一位です。日本はアメリカよりも取引量が多いのは驚きです。韓国ではイーサ以外のアルトコインが注目されています。ビットコインよりも人気があるコインとして扱われているので、今後もっと価値を高められると思います。

将来的に持っていたほうが良いコインだと口コミやツイッターなどで見かけます。今までの値上がりぶりを見ると今後も、高騰するのではないかと予想しています。ビットコインを追い抜くのも現実的にあり得るかもしれませんね。