仮想通貨のウォレットのやり方、手順

 

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保存しておくシステムのことで、電子版お財布のようなものです。

ビットコインなどの仮想通貨は銀行などを介さずに取引をしますので、買ったコインを保管しておくには取引所の自分の口座に預けるか、この仮想通貨のウォレットを使うことになります。取引所の自分の口座に購入した仮想通貨を置いておくこともできますが、取引所は毎日多額の仮想通貨が売買されていることから、ハッカーに狙われやすいのです。

実際、取引所がハッカーに攻撃され、そこに預けられていた顧客の仮想通貨が盗まれてしまった、という例もあります。よって、短期売買するコイン以外は、ウォレットで管理する方がより安全と言えます。特に、長期保有をする仮想通貨は、自分のウォレットで管理した方が良いでしょう。

 

 

仮想通貨を保管するオンライン上のウォレットの種類

仮想通貨を保管するオンライン上のウォレットの種類

 

ビットコインやイーサリアム、リップルなど、購入した仮想通貨を安全に保管するにはウォレットをおすすめしています。ここではどんな種類のウォレットがあるのかを見ていきましょう。オンライン上のウォレットは、常にインターネットがつながった状態ですので、しっかりとセキュリティ対策をすることが大切です。

 

デスクトップ上のウォレット

デスクトップ上のウォレット

 

パソコンにダウンロードして利用するタイプのウォレットです。

初回ダウンロードではブロックチェーンがインストールされる為、ダウンロード時間が長くかかってしまうことがデメリットです。また、パソコンのウイルス対策も万全にする必要があります。パソコンでは、様々なサイトにアクセスしますので、どうしてもウイルスに感染する可能性が高くなります。もしもパソコンがウイルスに感染してしまうと、ログインIDであったり、パスワードのような重要な情報が相手に渡ってしまうこともありますので、細心の注意が必要です。自分でパソコンにウイルス対策ソフトを購入してダウンロードするなど、万全の対策をしておきましょう。

 

取引所のウォレット

取引所のウォレット

 

取引所のウォレットは、その仮想通貨の取引所が管理しているウォレットになります。

セキュリティはもちろん高いレベルで行ってくれていますが、ハッカー達が常に狙っているので、万が一ということがないとも言い切れません。また、もしも取引所自体が倒産した時などは一切補償がないと思っておいた方がよいでしょう。

銀行では預金保険がありますので、預けていた預金は1,000万円まで補償されますが、仮想通貨の法整備はまだ始まったばかりですので、「取引所が倒産したとき」のことまで法律ができていないのです。

取引所のウォレットのセキュリティを上げる方法として、個人でできることは、「2段階認証」や「秘密のパスワードの設定」が挙げられます。2段階認証は、国内の取引所ではほとんどが取り入れています。特に、ビットフライヤーとコインチェックでは盗難補償制度があるのですが、この2段階認証の設定をしていないと補償対象になりません。コインが盗まれないように、個人として対策ができることは、きっちりとしておきましょう。

二段階認証はまず、スマホのアプリで「Google認証システム」を検索しダウンロードします。そしてそのアプリを使って、ビットフライヤーなどの取引所の「二段階認証」のページに表示されたQRコードを読み込みます。これで設定が完了します。スマホが壊れたり、盗難にあったときに困らないように、控えはきちんと取っておきましょう。

 

スマホアプリなどのウォレット

スマホアプリなどのウォレット

 

コインチェックなどはスマホアプリが充実しており、仮想通貨の売買はパソコンではなく、スマホですべて済ますと言う人も珍しくありません。

今はスマホに無料でダウンロードできるウォレットのアプリが用意されており、取引所の自分の口座からスマホ内のウォレットに仮想通貨を移動させて管理することができます。

スマホはウイルス対策もきちんとしており比較的安心なのですが、スマホ自体を失くしてしまったときは他人にコインを盗まれてしまう恐れもありますので、パスワード設定などはしっかりと行うようにしましょう。

 

 

仮想通貨を保管するオフライン上のウォレットの種類

オフライン上のウォレットは取引所などから仮想通貨を移すとき以外はネット環境と切断して管理できるので、ハッカーやウイルスなどからの攻撃を受けることがほとんどないと言って良く、非常に安全性が高いと言えます。

 

ハードウェアウォレット




ハードウェアウォレットとは、マッチ箱ほどの大きさの電子部品で、少し大きめのUSBと思ってもらえれば良いでしょう。

有名なものはLedger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットで、約15,000円ほどで購入することができます。このウォレットは、USBポートを使ってパソコンと接続し、取引所から保有している仮想通貨を、このハードウェアウォレットに移動させます。移動が終わったら、USBポートから取り外して保管しますので、ネット環境からは切り離されます。よって、ハッカーからの攻撃はほぼ受けないといって良いでしょう。

このハードウェアウォレット自体が壊れたり、もしかしたら失くしてしまうこともあるかもしれません。でも大丈夫です!トレザーの場合は一番最初の設定のときに提示される10個の暗号を新品のハードウェアウォレットに入力すると、壊れる前と同じ状態に復活させることができます。

ハードウェアウォレットはトレザーの他にも色々ありますが、万が一壊れてしまったりした時に復活させられるかということもチェックした上で購入しましょう。

 

コールドウォレット(ペーパーウォレット)

コールドウォレット(ペーパーウォレット)

 

コールドウォレットはペーパーウォレットともいい、文字通り紙に印刷されています。
いかなる時もオンライン上から切り離されているので、仮想通貨の保管では一番安全性が高いと言われています。しかし紙なので、火災などがあったときは燃えてしまうと、二度と仮想通貨を取り戻すことはできません。また、年月がたつと印刷部分が経年劣化で薄くなり、読み取れなくなることもあるので、高い品質の紙を使うなど工夫する必要があります。また、紛失や盗難にも気を付けましょう。

このように、仮想通貨を保管するには様々な方法があります。ビットコインの価格上昇が世の中でも注目を集めており、そのために、仮想通貨を狙うハッカーや泥棒が多くなる可能性もあります。せっかく投資した仮想通貨がなくなることがないように、安全性が高いウォレットを利用して、きちんと危機意識をもって大切なコインを管理するようにしましょう。